公益社団法人久慈青年会議所

専務理事基本方針・事業計画

 

総務・情報発信グループ 専務理事 卯城 正一

 

久慈JC長きにわたり、時代の先を見据えながら変革し続けることで、久慈地域に“なくてはならない存在”となってきました。公益団体として意識を高めてきた昨年度、公益社団法人格を取得した久慈JCには、これまで以上に地域に直接的な影響をもたらす活動が求められています。今後も久慈JCがなくてはならない存在として活動し続ける為には、時代の変化を的確に捉え、新たな価値を生み出せる組織へ変革していく必要があるのです。

 まず組織を変革させるには、仕組みの見直しや改善を行うことはもちろんのこと、“人”を成長させることが最も重要だと考えます。そしてその為にメンバー一人ひとりが「なぜ自分はJC運動を行うのか」を深く考えて本質を見極め、目的を明確にしなければなりません。その目的に向かって各々が覚悟を決めた時、責任感が生まれ、行動が変わり、組織として大きな成果を生み出すことに繋がり、やがて“活気に満ちたまち”の実現へ近づくのです。本年度当グループは、全メンバーが事業計画から実施に至るまで、各委員会が切磋琢磨しながら成果を生み出せるプロセスを重視した活動ができるよう支えていきます。また、組織運営を行う上で、守るべきものと変えるべきものを見極め、見直す必要があるものは勇気を持って変える決断をすることで、組織変革につなげていきます。専務理事として「理事長や副理事長を補佐し業務を遂行する」という職務を真摯な姿勢で貫き全うします。さらにメンバーが自分の役割だけに没頭せず、他メンバーの活動や運動にも関心持ってもらうため、グループの枠を超えた積極的なコミュニケーションを築いていきます。

グループとしてメンバーのサポートを行うと同時に、メンバーの声に耳を傾け組織の円滑な運営と、持続可能な組織への積極的な変革を行っていきます。公益法人として全員JCを旗印に、一人ひとりが輝く魅力ある久慈JCとして笑顔溢れる未来へつなげていきます。

 

<事業計画> 

1.各グループとの情報の共有と連携の徹底

2.久慈JC事業の積極的な発信と内部広報の強化

3.総会、式典等の円滑な実施

4.各種事業に対する積極的な参加促進

5.八戸全国大会に向けたスポンサーJCへの協力体制の構築

第64回全国大会東北八戸大会
第64回全国大会東北八戸大会

e-みらせん〜政策本位による政治選択〜 公開討論会・検証大会

 未来へつなぐプロジェクト
 未来へつなぐプロジェクト
   新・日本風景論
   新・日本風景論
世界会議2015in金沢大会
世界会議2015in金沢大会
 バイメイドイン東北サイト
 バイメイドイン東北サイト
JC-AID(防災支援パッケージ)
JC-AID(防災支援パッケージ)
 京都会議(1/22~1/25)
 京都会議(1/22~1/25)
     QRコード
     QRコード