公益社団法人久慈青年会議所

副理事長基本方針・事業計画

 

 青少年育成グループ 副理事長 宮澤 信一 

 

久慈地域の将来の健全な発展を担うのは、地域に暮らす青少年であると考えます。まち

づくり団体として活動する久慈JCですが、同様に、地域を支え発展させていく為の人材を発掘・育成していくひとづくり団体としての一面もあります。メンバーが一丸となり指針を示し、次代を担う若い世代を導く役割を果たした上で個々の想いを共有させ地域の活性化へつなげる為の取り組みを行う事が私達に課せられた使命であります。

 まずは地域の将来を見据えた時、未来に向けての展望を立て、尚且つ行動していく事のできる若い世代即ち青少年の育成に目を向けなければなりません。当グループでは久慈地域在住の高校生を対象とした交流事業を実施し青少年の無限の可能性を引き出す事を念頭に置きながら活動を通して各々が友情を築き、互いの感性を磨き合いながら活動を展開し、指導力と行動力を発揮できる地域に必要不可欠となり得る未来のリーダー育成を図ります。また、久慈JCも毎年参画している久慈春まつりでは他団体との連携の元、地元高校生のボランティア団体とも積極的に交流し、地域の発展に向けての企画・運営の在り方を共に模索し進めて行きます。さらに、継続事業として久慈管内の小学校を巡回し開催しておりますスクールギャラリーツアーでは小学生の美術に対する関心を一層促し、「想像」というプロセスを経て未来を「創造」していく力を養う一助とします。もう一方の継続事業であります植樹事業に関しても長期的な観点を持って児童の手による環境整備を実施し、一人ひとりが自分達の住む町に対するより一層の愛着を芽生えさせるきっかけとします。

地域の将来を支えて行く青少年達が各々に持つ能力を最大限発揮し、活動していく事で地域社会の発展に貢献できるものと確信します。私達久慈JCメンバーも良き模範となるべく全力で邁進し、常にポジティブな気持ちを持って、笑顔あふれる未来へつなげます。

 

   〈事業計画〉

1.スクールギャラリーツアーの継続開催

2.植樹事業の継続開催

3.久慈春まつりへの参画

4.青少年交流事業

第64回全国大会東北八戸大会
第64回全国大会東北八戸大会

e-みらせん〜政策本位による政治選択〜 公開討論会・検証大会

 未来へつなぐプロジェクト
 未来へつなぐプロジェクト
   新・日本風景論
   新・日本風景論
世界会議2015in金沢大会
世界会議2015in金沢大会
 バイメイドイン東北サイト
 バイメイドイン東北サイト
JC-AID(防災支援パッケージ)
JC-AID(防災支援パッケージ)
 京都会議(1/22~1/25)
 京都会議(1/22~1/25)
     QRコード
     QRコード