公益社団法人久慈青年会議所

専務理事基本方針・事業計画

 

総務・情報発信グループ 専務理事  日當 旭

 

久慈青年会議所は設立以来、地域に必要とされる様々な活動を展開し、地域社会の発展に貢献してきました。一昨年、公益社団法人となった久慈JCは、さらなる情熱を持って「明るい豊かな社会の実現」に向けて邁進していかなければなりません。久慈JCが地域にとって欠かせない団体であるために、LOM内での連携をさらに強化し、地域に向けた的確な情報発信を行い、これまで以上に効果的な組織運営をしていく必要があります。

「明るい豊かな社会の実現」という不変の志を常に抱きながらも、その実現へ向け我々は変化し続けなければなりません。まちづくり団体としての誇りを持ち、地域の方々とまちづくりへの参画意識を共有し、共に行動していく必要があります。その一端を担うのが我々の事業活動であると考えます。当グループは本年度、久慈JCの活動がさらに魅力溢れるまちづくりへと繋がるよう、メンバー並びに各グループのパイプ役として各種サポートに努め、円滑な組織運営を行います。メンバー一人ひとりが積極的かつ活発に活動できるように、LOM内の情報を共有化して意思の疎通を図ると同時に、行政や他団体との効果的な連携強化を図っていきます。また、2年後に控えた久慈JC創立50周年に向けてメンバーの意識を高め、今後の久慈JCのあり方や活動内容をメンバーが考える機会を創出していきます。さらには9月に開催される全国大会東北八戸大会に向け、大会を成功裏に終えることができるよう、スポンサーJCである八戸JCに、久慈JCメンバー全員が万全の協力体制を敷けるようLOM内の調整を行い、最大限の支援を行っていきます。

  明るい久慈地域の創造に向け、我々が地域の方々と共に夢と希望を持って「直往邁進」していく事が、「人の寶」・「地域の寶」・「社会の寶」に満ちた、魅力溢れるまちづくりへと繋がっていきます。

 

【事業計画】

1.事務局及び各グループとの情報の共有・連携の徹底

2.各メディアやホームページ、フェイスブック等を活用した久慈JCPR

3.総会・式典等の円滑な実施

4.創立50周年に向けたミーティングの開催

5.日本JCからの報告・連絡等への迅速な対応とLOMへのフィードバック


第64回全国大会東北八戸大会
第64回全国大会東北八戸大会

e-みらせん〜政策本位による政治選択〜 公開討論会・検証大会

 未来へつなぐプロジェクト
 未来へつなぐプロジェクト
   新・日本風景論
   新・日本風景論
世界会議2015in金沢大会
世界会議2015in金沢大会
 バイメイドイン東北サイト
 バイメイドイン東北サイト
JC-AID(防災支援パッケージ)
JC-AID(防災支援パッケージ)
 京都会議(1/22~1/25)
 京都会議(1/22~1/25)
     QRコード
     QRコード